当山の年中行事のご紹介です。どうぞお気軽にご参加ください。

(※現在、新型コロナウィルス感染症対策のため、一部の行事につきましてはご参加をご遠慮頂いております)

新年初護摩供

新年初護摩供(しんねん はつごまく)では、「護摩(ごま)」と呼ばれる修法によって祈祷を行います。新年を迎え、昨年までの行いを反省するとともに、新たな1年を皆さまが無事に過ごすことができるよう祈願いたします。

詳細は、新年初護摩供をご覧ください。

御札お焚きあげ

古い御札(護摩札)や塔婆、お守りなどのお焚き上げをいたします。1年間お世話になった御札に感謝して、新たな1年の無事を祈りましょう。

法要の後は、残り火をつかってお餅を焼きます。お汁粉と一緒にいただきましょう。

詳細は、御札お焚き上げをご覧ください。

花祭り(降誕会・灌仏会)

花祭りとは、お釈迦様の誕生日をお祝いする行事です。降誕会(ごうたんえ)や灌仏会(かんぶつえ)などとも呼ばれます。日本では4月8日に行うのが一般的です。

当山では皆さまにご参加いただく法要は行っておりませんが、お釈迦様がお生まれになった時の姿をした仏像(誕生仏)を本堂にお祀りいたします。「誕生の際、天から甘露の雨が降った」との言い伝えから、この誕生仏のお釈迦様に甘茶を注ぐのが習わしとなっています。

当日は本堂前に甘茶をご用意しておりますので、どなたでもご自由にお飲みください。誕生仏のお釈迦様にもお参りいただけますので、お気軽にお声掛けください。

大施餓鬼会

施餓鬼会(せがきえ)は、毎年8月5日に行っている当山で一番大きな行事です。近隣の天台宗寺院の住職をお招きして、僧侶約10名の大法要で檀信徒の皆様の先祖供養をいたします。

詳細は、大施餓鬼会をご覧ください。

観音会

観音会(かんのんえ)では、近隣の天台宗寺院の住職方をお呼びして、毎年9月10日に一緒に観音経を読誦いたします。

※現在、新型コロナウィルス感染症対策のため、檀信徒の皆さまのご参加はご遠慮いただき、僧侶のみでの厳修とさせていただいております。